Handcraft & Travel Holic!


by Q

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Blog
Ribbon Leis-Stiching
Ribbon Leis-Crocheting
Ribbon Leis-Weaving
Ribbon Leis-Fabric
Ribbon Leis-Strap&Charm
Ribbon Leis-Tools
Ribbon Leis-Workshop
Ribbon Leis-etc.
Lei Love Seven
Days
Lesson
Lei Making
Clay Crafts
Goods
Hula
Cartonage
Around Hawai'i
Travel & Leisure
Tropical Plants
HAPUNA
MAHALO!
I Love Yokohama
ETC
Travelog:TAHITI 2014
Travelog:Hawai'i2010
Travelog:TAIWAN2010
Travelog:Seoul2010
Travelog:NYC2009
Travelog:Italy2009
Travelog:Singapore2008
Profile
New Moon
Travelog:Greece2007
Club Cupid
Travelog: Macau & HK2011
Travelog:Hokkaido2011
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

最新の記事

海辺のアトリエへ
at 2014-08-07 18:52
White Coral & ..
at 2014-07-31 09:28
オーダー品完成しました!
at 2014-07-17 17:45
タヒチ旅行記その3:雨が降り..
at 2014-07-08 19:42
新装開店です
at 2014-07-07 11:01

メモ帳

その他のジャンル

外部リンク

ライフログ

検索

World Heritage@Macau #1

b0333089_1352772.jpg


ようやく写真が整理できましたので、
マカオの世界遺産(30カ所)を今日からご紹介していきます☆





まず、マカオとは・・・
中華人民共和国澳門特別行政区 というのが正式な名称で、
16世紀から20世紀(1999年)までポルトガル領でした。

現在は中国領ですが、返還後50年は現状保全が取り決められているそうで、
ポルトガル統治時代の法律などが、そのまま適用されています。
21世紀に入り、カジノ経営の国際入札権を導入したため、
香港資本や米国資本のカジノが多数参入し、
アジア一のカジノシティとしても有名です。

ちょうど行ったときはLabor Dayだったこともあり、
中国本土からたくさんの中国の方が休暇を過ごしにやってきていました。

カジノシティとしての一面が最近では有名ですが、
ポルトガル統治時代の「8つの広場」と「22の歴史的建造物」が、
2005年に、マカオ歴史地区として世界遺産に登録されました。

そうなのです。30の世界遺産で・・・「世界遺産ひとつ分」(^^;)

順番に見ていくことにしますか~・・・

まずはホテルから徒歩5分の、セナド広場
マカオといえばまずここの写真が出てくるマカオ一有名な広場です。

b0333089_1352720.jpg


こちらの広場の特徴は、カラフルな建物と、
波のモチーフの、ポルトガル風のモザイクタイル。
中央には、綺麗な噴水。

b0333089_1352730.jpg


人がすごいと、雰囲気なんてあったもんじゃないですが・・・
やはり、広場って良いですね(^^)
公園じゃなくて、広場があるのって、ヨーロッパって感じがします。

カテドラル前広場方面から、セナド広場を見たところです。

b0333089_1352893.jpg


この広場に面して、仁慈堂大樓があります。
こちらはアジアで最初の慈善福祉活動施設だそうです。

b0333089_1352815.jpg


夜にはライトアップされて、これもまた綺麗でした。

b0333089_1352810.jpg


b0333089_1352819.jpg


私の感想ですが、マカオは昼と夜の表情が全く違ってて、
夜が夜らしい、いい感じの夜なんですよね。
多分これは明るすぎない照明のせいじゃないかなって思います。

セナド広場と道を挟んで向かいには、民政総署(地方自治局)があります。

b0333089_1352831.jpg


こちらはポルトガルスタイルの建物で、中には綺麗なタイルの回廊がありました。

b0333089_1352950.jpg


セナド広場はまさに歴史地区の真ん中なので、何度も通りました。
セナド広場自体はいつも人でごったがえしていましたが、
一本入ると静かだったりして、動と静もはっきりしていて、それも面白かったです。

b0333089_1352965.jpg


セナド広場から仁慈堂大樓と反対側を入ったところには、
チャイナスタイルのこんな建物が。三街会館です。

b0333089_1352958.jpg


こちらは中華街でもおなじみの關帝廟なんですね。

b0333089_1353048.jpg


中では古びたお寺の風情で、数人のお年寄りが静かに話をしていました。
お供えものの風情、中華式の大きなお線香の煙と香り。
街中なのにセナド広場とはまったく違う時間が流れているようで、
カメラは向けませんでした(^^)


今回紹介した世界遺産:4カ所

まだまだ続きます!
by waikahuli | 2011-06-17 10:29 | Travelog: Macau & HK2011